おしゃれなテラコッタの鉢で植物をもっと可愛く!おすすめをご紹介


観葉植物や花を植える時、おしゃれな鉢があると植物を育てるのがより楽しくなりますね。植物の魅力が引き立つだけでなく、庭やお部屋も素敵にしてくれます。その中でもテラコッタは、温かみのあるナチュラルな雰囲気で人気です。そこでおしゃれなテラコッタの鉢をご紹介します。

そもそもテラコッタとは?

 (4225)

数ある鉢の中でも人気があるテラコッタ。イタリア語で「焼いた土」という意味があり、上質な粘土で作った素焼きの陶器のことです。
色は茶色やオレンジ色のものが多く、高温で焼かれていて丈夫で劣化しにくいという特徴があります。また鉢の表面に小さな穴が空いており、水分が蒸発しやすく土の温度が上がりすぎないというメリットも。特に湿気を嫌うハーブや多肉植物などを植えるのに向いています。
プラスチック製のものと比べると、重いので大きいものだと移動は少々大変かもしれません。
しかし、どっしりとしていて安定感があります。

厳選!おしゃれなテラコッタの鉢

アンティークのような白いテラコッタ

ジオポットカプティーノM

1,404
ジオポットカプティーノM
イタリア製のモダンなテラコッタ鉢です。
鉢底には穴が開いていますので、植物を直接植えることができます。

商品サイズ:直径250 H210mm
材質:陶器製

テラコッタ発祥の地、イタリアで作られたモダンな雰囲気のテラコッタ。テラコッタといえばオレンジ色ですが、こちらは白色でまるでアンティークのようです。何年も使い込んだような質感で、どんなスタイルのお庭にも自然と馴染んでくれそう。丸みのある形もかわいく、ナチュラルな白色がグリーンをより一層引き立ててくれます。

多肉植物やサボテンにぴったりのテラコッタ

インティー ローボウル S 6号

インティー ローボウル S 6号

こちらはサボテンや多肉植物を植えるために開発されたテラコッタです。シンプルさと使いやすさを追求しており、様々な形のサボテンや多肉植物を並べた時に統一感のある美しさを出してくれます。
コロンとした丸みがかわいいローボウルは、場所を取らないから室内でも気軽に置くことができるのが魅力。安定感があり寄せ植えにおすすめです。

上品なラインが入ったテラコッタ

テラコッタ E41B 3点セット

テラコッタ E41B 3点セット

オレンジのテラコッタにブルーグレイのラインが入っています。主張しすぎいない上品なラインなので、玄関やお庭に置くといいアクセントになってくれます。
形もスッキリとしていて、長く使っても飽きがきません。大きさは大中小の3種類があり、花や観葉植物など大きさに合わせて色んな使い方ができそうです。

ラフな風合いが人気のモスポット

モスポット 100S 3号

モスポット 100S 3号

モスポットとは、長く使い込まれたテラコッタによく見られる、表面に苔(モス)がついた状態を最初から再現したもの。麻の袋を使って成形され、野原でじっくりと低温焼きで作られるのが特徴です。そのためちょっといびつな形だったり、素朴でラフな風合いがあったりして、ひとつ置いてあるだけでとってもおしゃれに見えます。

テラコッタはどんな植物にも使いやすい!

 (4230)

テラコッタといっても色々な種類があるのですね。どれもナチュラルで、どんな植物にもしっくりなじむものばかり。時間が経つにつれ、味わいが出てくるのもテラコッタの魅力です。また最近では、ペイントやラベルを貼り、自分だけのオリジナルのテラコッタを作る人も増えているのだとか。お気に入りのテラコッタを見つけて、ガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おしゃれなテラコッタの鉢で植物をもっと可愛く!おすすめをご紹介」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。