コスモス(秋桜)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるコスモスの栽培方法

日本の秋の季節の風物詩として愛され続けてきたコスモス。道端や原っぱでピンクや白の素朴な花が群生する風景は見事です。そんなコスモスを自宅の庭で咲かせてみませんか? 通常は一回で咲き終わる花ですが、花後もそのままにしておくとタネがこぼれて同じ場所で翌年も花を咲かせてくれますよ。

続きを読む

ビオラの育て方とは?冬越しは大丈夫?春の寄せ植えに欠かせない! ビオラとパンジーとの違いは何?

寒い冬でも、街中で咲く色とりどりの小さな花「ビオラ」。別名「花壇の女王」と言われるビオラの品種は実に多く、毎年新種が出るほど。他の草花とも相性が良く、その強さはガーデニング初心者の栽培にもおすすめです。パンジーを経験した方は、次はビオラに挑戦してみましょう。

続きを読む

ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

葉牡丹はアブラナ科の植物です。品種も様々で、花かキャベツのように見える葉が特徴的です。葉牡丹は、丸葉系など、葉の形も様々。今回は増やし方など葉牡丹の栽培方法をご紹介します。日当たりや鉢を置くのに適した場所、そして新芽の処理、肥料や土にも触れていきます。

続きを読む

アロエの育て方とは?薬用や食用などアロエの品種や増やし方などもご紹介!

アロエは園芸初心者にもおすすめしたい、栽培が簡単な観葉植物です。肉厚が特徴的な多肉植物であり、その種類や品種はさまざま。薬用としても効果があります。鉢土を入れた鉢植えで育てるのが一般的です。置き場所は、冬でも直射日光の当たる室内が良いでしょう。

続きを読む

寄せ植えにもぴったりなワイヤープランツの育て方は?肥料や用土、水やりなどワイヤープランツの栽培方法

ワイヤープランツはニュージーランド原産の低木で、横にはうようにのびる細い茎が針金のように見えることから名付けられました。細い茎が横に長く伸びるので、コンテナやハンギングバスケットにプラスすると素敵なアクセントに。つやのある葉は一年中楽しめ、日なたはもちろん、日陰でも旺盛に育つので、初心者向き。グラウンドカバーとしても利用できます。ピンクや白の斑が入ったものや、スペード形の葉の品種も人気です。

続きを読む

カスミソウ(かすみ草)の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するカスミソウの栽培方法をご紹介

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。
長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、
近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?

続きを読む

カルーナの育て方は?剪定のポイント、肥料や用土など地植えで花と紅葉を楽しめるカルーナの栽培方法

カルーナは掃くという意味を持つ学名の通り、昔、枝でホウキを作ったことから名付けられました。こんもりと丸く密集して葉が茂り、初夏から秋にかけてピンクや紫、白の花を咲かせます。開花期は株全体が花穂のように見え、とてもキレイですよ。花と樹木、両方の良さを楽しみたいならカルーナがおすすめです。

続きを読む

プリムラの育て方!冬のお庭を彩るプリムラの品種と育て方をご紹介

中国やヨーロッパ原産のサクラソウの仲間のプリムラは、花の少なくなる秋から春まで、長期間花を楽しませてくれるものが多く、冬を彩る花として人気があります。ポリアンサのなかで花も株も小さめのジュリアンが人気です。用土や肥料など長く楽しめる栽培方法をご紹介します。

続きを読む

アリッサム(スイートアリッサム)で冬も優美なお庭に!枯らさない育て方をご紹介!

アリッサムは品種数も豊富で、多くの人に愛されるかわいい小さな花です。寄せ集まるように咲くその性質を生かし、鉢植えやグランドカバーにもおすすめです。初心者向きの多年草で、耐寒性にも優れており夏越しも可能です。苗や培養土を知る事で花壇や鉢でも簡単に育てられますよ。

続きを読む

スリット鉢とは?黒や白などおしゃれなスリット鉢の使い方やメリットをご紹介

植物を育てるうえで欠かせない園芸用品は、ずばり植木鉢。サイズや材質などざまざまなタイプの商品がありますが、その中でもおすすめなのが「スリット鉢」です。バラなどの花や家庭菜園、観葉植物など、植物の栽培には根の成長がとても大切です。今回は、根の成長にとって優れもののスリット鉢の効果や、おすすめの商品をご紹介します。

続きを読む