シクラメンの育て方!花がら摘みや葉組みの仕方や花が咲き終わったあとの夏越しの方法などをご紹介


シクラメンは赤やピンクのきれいな花を咲かせる人気の品種です。冬の花のイメージが強いですが、上手に夏越しすれば翌年も立派な花をつけてくれます。育て方のポイントは、花が終わる頃のお手入れ。花がらの処理や葉組みの方法など、シクラメンの栽培について詳しくご紹介します。

シクラメンとは?

gettyimages (28824)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

ピンクや赤、白、紫などたくさんのカラーバリエーションがあり、花形では八重咲きや花弁にウェーブが入るロココ咲き、さらには香りをもつ品種まであり、毎年次々と新品種が発表されています。また、個性的な斑の入る緑葉のほかに、シルバーリーフ、プラチナリーフと呼ばれる銀葉があり、花とのコントラストが素敵!
より気品高い印象を感じさせてくれます。 

 

サクラソウ科、シクラメン属の多年草です。原産はヨーロッパの地中海周辺。
現地では涼しい雨季に開花するため、日本では開花時期が冬になるというわけですね。
耐寒性が高く、低い気温を好むみますが霜に当たると枯れてしまうため、基本的には鉢植えにして室内で育てます。

鉢植えされている株を購入するか、種ではなく球根から育てます。
株と花の大きさによって、大輪系、中輪系、小輪系(ミニシクラメン)、寒さに比較的強く庭植えにもできるガーデンシクラメンにタイプが分かれています。それぞれ栽培の最低温度が異なりますのでご注意を!!

冬に花をつける植物は少ないので、シクラメンが冬の寂しくなりがちな部屋を明るくしてくれますよ。

シクラメンの花言葉は、「遠慮」「気後れ」「はにかみ」「内気」。
これらは、雨から花粉を守ろうと下向きに咲くシクラメンの花が、恥らっているように見えることに由来しています。
日本人に好まれるのも、ひたむきさを感じさせるシクラメンの装いによるのかもしれません。

また、シクラメンの花には、それぞれの色別の花言葉もあります。
例えば、白いシクラメンは「清純」、ピンクのシクラメンは「憧れ」「希望」、紫は「絆」の意味をもつとされています。
プレゼントする場合には、シクラメンの花の色に想いを込めて、相手に贈るのも素敵ですね。

シクラメンの育て方

gettyimages (28809)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

育て方について

生育適温は10~15℃と他の花鉢に比べて低いため、涼しい室内で管理しますが暖房のよく効く部屋に飾ると花は萎れ、葉も黄色くなります。1日の中で温度差が少ない場所の方が長保ちします。 

 

シクラメンが春、気温の上昇とともに葉を枯らすのは生理的に自然なことです。暑さと過湿にとても弱いので5月以降は戸外に出し、涼しい日陰で管理し、水と肥料を控えめにします。直射日光に当てると葉焼けを起こします。枯れた花や葉は摘み取ってください。暑さで葉が黄色く枯れてきても辛抱して管理を続けます。途中で葉数が急に減りはじめたら、休眠の準備を始めた証拠なので、そのまま休眠させてしまいましょう。水やりの完全ストップのタイミングが分からない場合は、6月に入ったらストップすると良いでしょう。休眠したシクラメンを、夏の蒸し暑さに負けないように腐敗したり、カビを防ぐことが夏の管理の大きな目標となります。

涼しくなると新芽が動き出すので、新芽が十分に大きくなったら、ひと回り大きな鉢に植え替えましょう。

置き場所

シクラメンは、窓際の薄日が入るような場所が最適と言われていましたが、20年前と比べて冬の日差しが強くなってきたことや、作られた環境によって置き場所は異なってきます。
まず、ご購入後は、室内の明るい場所で、直射日光が当たらないような場所においてください。
その後、1週間程度で薄日が少し入るような場所へ移動(レースカーテン越しより弱い所)。更にその1週間程度でレースカーテン越しへ移動。慣らしながらお日様に当てても大丈夫なように、場所を移動させていくと良いと思います。室内の温度は15℃程度が適温ですが、冬場は明るい場所で適温の場所!と考えると難しいと思われる方もいらっしゃいますよね!そんな時は暖房が効いているお部屋の床に直接置いてください。暖房をかけたお部屋は、高い場所が暖かく、低い場所は肌寒いからです。他にはエアコンを使わず、ストーブを使っているようなお部屋でしたら、日持ちが良いです。シクラメンは暑いのが苦手なので、夜だけでもしっかり冷やしてあげましょう!

水やり

シクラメンはお水が好きな植物でもありますが、同時に多湿も嫌う性質があります。土が乾いたら葉や花を避けて、水差しでゆっくりと水を与えてください。土の乾き具合の見極めに困った場合は葉っぱを触ってみてください!!水が十分にいきわたっている場合は葉っぱが硬くハリがありますが、水が欲しい場合は葉っぱのハリがなくなります。葉っぱが柔らかくなっているので普段から葉っぱに触れて硬さをチェックするのをおススメします。
そして、水やりは鉢の底から水が流れ出るくらい、たっぷりとあげましょう。受け皿に流れ出た水は必ず捨ててください。そのままにしてしまうと、根腐れする可能性があります。
上からざばざば水をあげてしまうと、葉が傷んでしまうので気を付けましょう。 

 

また最近では底面給水方式のシクラメンが増えています。シクラメンは上から水を与えると株が弱るのでこの方式がよく採用されています。この場合、用土から布を垂れ下がっている状態なので、用土の乾燥状態に応じて給水されていきます。下の皿には常に水が入っているようにしましょう。

ガラスダブルウォール ラウンドドーム

SPICE OF LIFE(スパイス) 花瓶 ガラスダブルウォール ラウンドドーム LABO GLASS クリア Mサイズ 直径11.5cm 高さ11cm テラリウム 多肉植物 サボテン 観葉植物 KEGY7072
created by Rinker
スパイス

シクラメンのお手入れ方法(花がら摘み、葉組み)

gettyimages (28842)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

シーズンの終わりを迎え、きれいに咲き誇っていたシクラメンの花が傷んだり枯れてきたら、その花の見ごろは終わりです。
枯れた花をそのまま放置してしまうと、弱ってしまったり、余計な体力を使ってしまったりと、その後花がつかなくなる恐れもあります。
翌シーズンにもきれいな花を楽しめるように、適切なお手入れをすることが大切です。

花がら摘み

枯れた花をそのままにしておくと、種をつけ、体力を消耗してしまいます。
そうすると翌シーズンに大きな花を咲かせるエネルギーが無くなってしまい、花がつかなくなったり、咲いても小さな花だったりしてしまうのです。 

 

そこで、咲き終わって傷んできた花がらを、花茎ごとに摘み取る「花がら摘み」が重要になります。
花がらを摘む時には、花茎の球根に近いところを指でつまみ、少しひねるようにして摘み取りましょう。
はさみを使うと、傷ついた場所から細菌が入る恐れがあり、病気の原因となることもあるので、手で摘み取るのがポイントです。

また、枯れ落ちた花や葉が茎などについたままになっていると、カビや病気の原因となる可能性があるため、合わせて取り除くようにしましょう。

葉組み

もうひとつ、シクラメンを上手に育てるために必要な作業に「葉組み」があります。
葉組みとは、葉をバランス良く保つために位置を入れ替え、株の中心部分にスペースを空ける作業です。そうすることで、日光が球根の頭に当たり、小さなつぼみも生長し、きれいな花が咲くようになります。葉組みをしないと、あちこちから小さな花が咲いて、見映えが悪くなってしまう場合があります。 

 

葉をかき分けてみて、花芽が出ている部分を探してみましょう。花芽を見つけたらそこを中心にして、葉を外側へ優しく動かしてあげます。中央に集まっている葉は、新しく伸びた葉なので葉に茎が絡まないよう、優しく外側に移動させます。中央に集まっていた葉を外側へ移動させると、古い葉が中心近くに残るので、その葉も茎が絡まないように優しく外側に移動させてください。
外側に移動させた大きい葉をさらに下に引っ張って、鉢の縁に沿うように降ろしてあげます。
葉組みのタイミングはシクラメンの姿が乱れてきた時(または、中央に葉が茂ってきたら)が合図です。葉が中心に寄ってきて、ツボミに陽が当たっていないと感じたら葉組みをして、その都度、空間をあけてあげるようにお手入れしてあげると良いでしょう!

gettyimages (28874)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

シクラメンとガーデンシクラメンの違いは!?

ガーデンシクラメンはシクラメンを品種改良したものになります。もともと地中海東部などに自生していた植物で、原種からどんどん品種改良されてきました。株全体も花自体もコンパクトに品種改良されたのがミニシクラメン。その中でもとくに寒さに耐えられる品種として選ばれたのがガーデンシクラメンになります。
ですが、丈夫で育てやすく寒さに強いとは言っても、それは一般的なシクラメンと比較しての話し。
霜が降りる地域でもギリギリ庭植えできますが…霜に当たって枯れることはありませんが、生育が弱まります。さすがに気温がマイナス5℃を下回る場所では枯れる可能性があるので要注意!!
できれば霜が当たらない場所をおススメします!! 

 

また、ガーデンシクラメンは一般的なシクラメンに比べると開花が早く秋には既に開花した状態で店頭に並びます。花も葉も小ぶりなガーデンシクラメンはミニシクラメンとの見分けが難しいと思います。商品として店頭に並んでいる時はタグが付いているので間違わないと思いますが、万が一タグが付いていない時の見分け方のポイントとして、ガーデンシクラメンは花壇や寄せ植えなどに植え替えることが前提となっているため、2.5号~4号くらいのポット苗で販売されており、ミニシクラメンは室内鑑賞が基本とんなっているためポット苗ではなく3号~5号の鉢に植えられていることが多いです。迷ったら店員さんに確認しましょう!

ガーデンシクラメンとミニシクラメンの違いが「耐寒性」です。大輪のシクラメンの耐寒性が5度程度に比べ、ガーデンシクラメンの耐寒性は0℃~-5℃。耐寒性の強さは品種によって異なるため、寒い地域で育てるのであればガーデンシクラメンの中でも耐寒性の強いものを選ぶのがポイントとなります。対してミニシクラメンは耐寒性の有無ではなく、花のサイズが4cm以下のものはミニシクラメンとされます。そのため、ミニシクラメンは耐寒性が備わっていない場合が多く、大輪咲きのシクラメンと同様に、冬は室内で管理することが多くなります。ガーデンシクラメンとミニシクラメンは管理の仕方が違うため購入の際は気をつけましょ!!

シクラメンの植え替え

gettyimages (17775)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

無事に夏を越した9月頃が、植え替えの適期です。
夏越しの方法によって、植え替え方法も異なってきます。

夏に休眠させた場合

鉢から抜いた株(球根)は、古い余分な土を全て落としてから根を2~3cm残してバッサリと切り落とし、新しい土で植え替えます。
植え付ける時、球根を土にすっかり埋めてしまわずに、球根の肩が土から出るように植え付けるのがポイントです。植え替え後は、たっぷりと水をあげて、雨の当たらない明るい場所に置いてください。

夏に休眠させない場合

鉢から抜いた株(球根)は、まわりの土を軽く落として、一回り大きな鉢に植え替えます。
この場合にも、球根の肩が土から見えるように植え付けます。
深植えにならないよう注意しましょう。植え替えが終了したら水をたっぷりとやり、
日陰で雨にあてないように養生します。肥料は2週間以上たってから再開するのがよいでしょう。
秋の訪れとともにみるみる元気になって、葉とつぼみを増やしてきます。

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメン 5L

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L
created by Rinker
花ごころ

そのまま使える花工場 シンビジウム・シクラメン用

うすめずそのまま使えるのが簡単で便利!!すばやい効きめの液体肥料です。シンビジウムやシクラメンにおススメです。
住友化学園芸 肥料 そのまま使える花工場 シンビジウム・シクラメン用 700ml
created by Rinker
住友化学園芸

シクラメンの増やし方

gettyimages (28839)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

シクラメンの球根は分球できませんが、株を増やしたい場合は種で増やすことができます。
種で増やす場合は、シクラメンを2株用意して人工授粉を行い、それによってできた実から種を採取します。風通しのよい場所で種を乾燥させた後、冷暗所で保管しましょう。
種まきの適期は11月~12月。ただし、小輪種のミニシクラメンは12月~翌年2月にまきましょう。 

 

種をまいたら暖かい室内で管理します。土が乾燥しないよう霧吹きなどで水やりを続ければ、7日~10日ほどで発根し、30日~40日ほどで芽が出てきます。
見事に苗までしっかり育ったら、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

種から育てるのは少し難しいと言われていますが、花が美しく咲いた時には喜びもひとしおですよ。

シクラメンの株選びのポイント

gettyimages (17781)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

見事なシクラメンの花を楽しむためには、購入時に良い株を選ぶのが大切です。
シクラメンの株選びの際には、以下のポイントに気を付けましょう。

葉の数と花の数がポイント!!

葉の数と花の数は比例するため、葉の数が多いほど花の数も多くなります。
しかし鉢の大きさに対して、葉の枚数が多すぎるものは、花がきれいに咲ききらない場合も…。
鉢の大きさと葉数のバランスが良いものを選ぶようにしましょう。また、蕾の数が多すぎるものも、花が咲ききらない恐れがあります。避けるのが無難でしょう。
そして、葉の色が濃く、葉の大きさがそろっているという点も株選びのポイントです。

病気や害虫に犯されていないもの

シクラメンを選ぶ時には、株元にも注目してみましょう。
一見、立派な株でも株元に白~灰色のカビがついているものは要注意です。 

 

また、花びらが奇形になっているもの、色の悪いものは、ホコリダニやスリップスなどの害虫に犯されている可能性があります。
次に咲く花も同じように、きれいに咲かない場合が考えられるため、選ぶ際には気をつけましょう。

売り場の環境にもご注意を

売り場で長く寒風に当たっているものは、後から葉の傷みが出てきたり、花が咲かなくなったりすることがあります。逆に温室で長く飾られていたものは、軟弱になってしまっている場合があります。軟弱になったシクラメンの株は、売っている時に多くの花をつけていても、早く弱ってしまうことが多いため注意が必要です。また、長く楽しみたい場合には、売り場の環境を気にしながら、健康な株を選ぶようにしましょう。置き場所がなく、営業中ずっと外にディスプレイされているものは、いつ入荷されたものなのか、お店の方に確認された方がよいと思います!1週間以上前に入荷されていた場合は避けた方がよいでしょう。(戸外でも楽しめる寒さに強い品種も出回ってきているので全てがNGというわけではありません)

住友化学園芸 ベニカXスプレー

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml
created by Rinker
住友化学園芸

ハイポネックス 原液 殺虫剤入り 450ml

肥料とアブラムシの殺虫剤が一緒になった、便利な液体肥料です。
薄めて株元に流すだけと、使い方も簡単ですよ。
ハイポネックスジャパン 液体肥料 ハイポネックス原液 殺虫剤入り 450ml
created by Rinker
ハイポネックス

シクラメンの美しい花を長く楽しんで

gettyimages (28826)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

 

シクラメンは、温度と湿度の管理に気を配れば元気に生育し、上手に夏越しできれば翌年もお気に入りの花を楽しむことができます。上手に育てるポイントは、花が終わった時のお手入れ!!
カラーバリエーションや咲き方、葉の模様も豊富なので、お気に入りを見つけて、冬の寒い時期でも可愛いシクラメンを見てほっこりしてみてはいかがでしょう!!また、シクラメンは花数が多いので、鉢植えだけでなく切り花としてもお部屋に飾ることができます。きれいに咲いているシクラメンを花摘みのときのように株の根元を指でひねりながら抜き取り、抜き取った花柄の端から1cm弱位を切ってから水に付けると吸水が良くなります。一輪挿しにしてみたり、シクラメンやお庭にある葉っぱなどを添えて花瓶に飾っても素敵です!是非、シクラメンを育てる楽しさを味わってくださいませ。
gettyimages (28823)
 

 

 

 

Licensed by Getty Images