害虫で困ったときは!害虫駆除方法~2021年夏版~


暖かくなり、春から徐々に多くなっていく害虫。丹精込めて育てた野菜や果物も、害虫によって蝕まれてしまう恐れがあります。野菜や果物だけではなく、皮膚湿疹やひどいかゆみを引き起こしたり、人体への害になってしまうことも。害虫にあった駆除方法を行い、しっかり対策を行っていきましょう。

目次

害虫の駆除方法のオススメは?

害虫駆除へのオススメは、これといって定義されているものはありません。

害虫それぞれ特性や習性などが異なりますので、薬剤の効果にも差が生まれてしまうのです。

駆除しようとしたつもりが、逆効果になってしまうこともあるかもしれません。

また、使用した薬剤のせいで植物たちにとっては害となってしまうケースもあります。

野菜や果物、植物を守るためにも、駆除で求められることは迅速さ、かつ的確さです。

更には、対策もできたら嬉しいですね。

次に紹介する害虫それぞれに合った駆除方法を行い、しっかりと対策を行っていきましょう。

小さくてきれいでも要注意!カイガラムシの駆除方法

カイガラムシ photo
Photo by chidorian

カイガラムシは2,3mm~1cmと小さく、色味もきれいな不快害虫です。

カイガラムシがつきやすい植物:野菜・果樹・草花・サボテン・ラン・観葉植物など
カイガラムシの駆除のポイント:気づいた時には大発生していることが多い

同じ駆除方法でも、発育の段階で効果が異なります。卵・幼虫には効果がありません。
牛乳を使用しての防除もオススメです。古くなった牛乳で良いでので、
カイガラムシのいる葉に直接スプレーして乾かすだけでカイガラムシは窒息します。

カイガラムシの駆除や対策方法とは?幼虫の間に取り除かないと手遅れ?具体的な方法をご紹介 – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

葉の裏や幹に、貝のような殻を付けた虫や白色でダンゴムシのような虫を見たことはありませんか?7300種類以上いるカイガラムシは、ほとんどの庭木や多くの果樹、室内の観葉植物にも寄生して被害を及ぼす害虫です。殺虫剤や木酢液を使用した駆除方法や対策をご紹介します。

 

  

 

 

 

家庭菜園でおなじみの害虫!無農薬でも対策できる?アブラムシの対策方法

アブラムシ photo

家庭菜園の天敵であるアブラムシ。アブラムシ上科に属する昆虫の総称で、体長2~4mm程度と小さく、集団で行動するため数匹が複数の植物に寄生します。

アブラムシがつきやすい植物:野菜・草花など様々な植物。
葉野菜であればキャベツ・コマツナ、里菜であればトマト・きゅうり・ナス、
根野菜であればジャガイモ・ニンジンなど。

アブラムシの駆除のポイント:無農薬でも駆除することが可能です。
天然のハーブ液は、アブラムシの増殖を防ぐことができます。
有害物質が含まれている可能性もあるため、「天然」のものを使用しましょう。

家庭菜園でアブラムシが大量発生!簡単な駆除方法と対策をご紹介 – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

家庭菜園を楽しんでいる人にとって害虫アブラムシは天敵!気づいたら葉の裏や茎に大量発生して、ウイルスの媒介や煤病で二次被害が起きることも。そんなアブラムシを簡単に駆除できる農薬を使った方法や牛乳で今すぐ対応できる対策をご紹介します。大事な植物を守りましょう!

 

 

 

 

 

放置してたら葉がボロボロに!ヨトウムシの駆除方法

ヨトウムシ
Licensed by Getty Images

ヨトウムシは、日中は土の中に潜り、夜になると活動を始めます。食欲が非常に旺盛で、集団で行動するために葉がボロボロになるまで食べつくされるなどの被害を被ってしまいます。

ヨトウムシがつきやすい植物:雑食で多くの草花・野菜・果実を食べます。
野菜では白菜やカリフラワー、キャベツ、トマト、ホウレンソウなど。
草花ではバラやガーベラ、マリーゴールド、ゼラニウムなど。

ヨトウムシの駆除のポイント:密集して産卵する性質があるため、見つけたら卵のうちに駆除しましょう。
誘発剤などで土中に潜む幼虫をおびき寄せ、駆除します。

ヨトウムシの駆除の方法は?ヨトウムシを寄せ付けないための予防方法までご紹介! – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

ヨトウムシの幼虫はガーデニングの天敵。ここでは殺虫剤や農薬をはじめ駆除方法をご紹介します。卵を産み付けられないようにするなど予防することも農作物を守るポイント。一度繁殖すると厄介なヨトウムシ、繁殖を未然に防ぐことも被害を防ぐうえで重要になります。

 

 

 

  

 

コーヒーを使って駆除!?ハダニの駆除方法

Licensed by Getty Images

ハダニの体長は0.3㎜~0.8㎜ほどと小さい昆虫です。

ですが、繁殖力が非常に強く、短期間で大量発生します。

ハダニがつきやすい植物:バラなどのほとんどの植物で見受けられます。

ハダニの駆除のポイント:無農薬でも駆除することが可能です。
カフェインが有効成分となるコーヒーがオススメです。
飲料用よりも濃いコーヒーをスプレーすることで、より高い駆除効果が得られます。
葉の裏側にしっかりスプレーしましょう。

ハダニの駆除や対策方法とは?ハダニが発生する原因は何?無農薬で退治する方法はあるの!? – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

ダニの仲間で駆除が大変なハダニ。どんな植物の葉にもつき栄養素を吸収します。被害を最小限に留めるためにも、農薬や殺虫剤を使っての予防や対策をしっかり理解し、天敵の存在やスプレー散布、水に弱いこと、牛乳を使った対策方法も効果的なことを覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

塩やビールは本当に効果的だった!?ナメクジの駆除方法

Licensed by Getty Images

ナメクジは巻貝の仲間で、昆虫とされる虫とは違う種類の生物です。
貝殻が退化したものをナメクジ化と呼び、ナメクジ科に分類されています。

ナメクジがつきやすい植物:バラやアジサイなどの花全般。野菜・果物全般。
苔類や多肉植物、サボテンにもつきます。

ナメクジの駆除のポイント:ナメクジに熱湯をかけたり少数であれば
ピンセットなどでつまんで捨てたりするのも良いでしょう。
嗅覚が鋭いナメクジには、ビールで誘引させてビール内に殺虫剤を混ぜておくなどすると簡単に駆除できます。

家庭菜園の害虫、ナメクジを駆除したい。おすすめの駆除方法と予防方法をご紹介 – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

せっかく育てた家庭菜園の植物に被害をもたらす害虫・ナメクジ。植物を削り取るように食べてしまうため、植物にダメージを与え場合によっては植物を弱らせることも。葉に白い筋ができ、見た目も悪くなります。ここではナメクジの駆除方法やオススメの殺虫剤・忌避剤を紹介します。

 

 

 

 

   

ダンゴムシは害虫?ダンゴムシの駆除方法

Licensed by Getty Images

ダンゴムシは、おおよそ5~10cmほどの大きさで、害はありませんがその見た目の気持ち悪さから不快害虫とされています。石の裏や物陰などの湿気を好む夜行性です。

ダンゴムシがつきやすい植物:草花・野菜、特に苔が被害に遭いやすいでしょう。

ダンゴムシの駆除のポイント:殺虫剤はもちろんのこと、誘引剤、粉末剤など幅広い薬剤が使用されます。
また、無農薬であれば木酢液やコーヒーで、ニオイを苦手とするダンゴムシを撃退できるでしょう。

ダンゴムシは害虫?駆除すべき?対処方法から大量発生させないための予防方法までご紹介! – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché


ガーデニングを行う際には駆除した方が良いダンゴムシ。害虫の中でも不快害虫とされており、害虫対策が必要です。さまざまな駆除方法があり、殺虫剤や薬剤、粉剤、誘引タイプのものもありますが、無農薬のものでも駆除は可能で、木酢液やコーヒーがオススメです。

 

 

 

 

 

匂いに要注意!カメムシの駆除方法

カメムシ
Licensed by Getty Images

カメムシは、寒い冬を乗り切るために、秋から暖かなところに集まってきます。危険を察知すると悪臭を放つため、叩いて潰したら、周辺や潰したものにも悪臭がついて離れなくなってしまいます。駆除する場合は、方法に注意しましょう。

カメムシがつきやすい植物:主に果実に被害が多く、真目や茎葉も加害します。
豆類もよく被害を受けます。

カメムシの駆除のポイント:カメムシは香りの強いハーブ類が苦手。
特にミントは、カメムシに対して忌避効果が高いとされています。
ミントはカメムシだけでなくさまざまな害虫に対しての防虫効果や、消臭効果なども期待できますよ。

ハッカ油を使用する場合は、ハッカ油を10~20滴ほどを水道水90mlで薄めて、
あれば無水エタノール10mlも混ぜてください。
ちなみにハッカ油はプラスチックを溶かしてしまうので、ガラスの容器を使用したほうが良いでしょう。

嫌な匂いの害虫、カメムシを駆除したい。おすすめの駆除方法をご紹介。 – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

農業害虫でもあるカメムシ。ガーデニングだけでなく、洗濯物についてしまうと悪臭をはなつ困った害虫です。ここではカメムシの対策方法について、おすすめの殺虫剤や忌避剤、あわせて悪臭の落とし方もご紹介します。大切な収穫物をカメムシから守りましょう。

きれいな庭にカメムシなんて嫌!異臭の原因カメムシ駆除グッズのご紹介 Garché

薬剤

カメムシの駆除って、やり方を間違えると強烈な臭いが残ってしまうので困りものですよね。カメムシの駆除には殺虫剤やスプレーがおすすめです。カメムシ撃退に使いたい場所ごとに、効果が高く、それでいて天然成分を使用しているなど健康への害も少ない商品をご紹介します。

 

 

 

 

 

ケムシの毒は危ない?毛虫の駆除方法

Licensed by Getty Images

毛虫はガの幼虫であり、体は毛で覆われています。
体毛毒を持つチャドクガに触れるとかぶれてしまうので、触れてしまった際はテープなどで除去する必要があります。

ケムシがつきやすい植物:チャドクガは茶・ツバキ・サザンカなど。毒のないものは桜・ポプラ・ヤナギなど。

ケムシの駆除のポイント:早期発見・早期防除が良いでしょう。
ドクガ類がいるため、素手で触れるのは危険です。
幼虫は簡単に退治できますが、成長すると食害も多く薬剤も効きにくくなっていきます。

毛虫の駆除方法!毛虫は自分で駆除できるの?駆除時の注意点、予防法などをご紹介! – ガーデニングのいいモノ見つかる Garché

大事に育てた花や野菜に毛虫がついていた…。ガーデニングをしている方なら、誰でも経験あるのではないでしょうか?チャドクガなどの毛虫は有害な毒針毛を持っているので、早めの毛虫対策が必要です。そこで今回は、木酢液をはじめとした殺虫効果の高い殺虫剤などをご紹介します。

チャドクガの駆除方法は?おすすめの駆除剤や生態を解説 Garché

チャドクガ

葉を食い荒らす害虫、チャドクガ。触れてしまうと、ひどいかゆみや湿疹を引き起こすおそれがあります。幼虫である毛虫の毒針毛だけではなく、成虫や卵からも毒の被害を受けるのがチャドクガの特徴です。

 

 

 

 

 

 

駆除には要注意!イラガの駆除方法

イラガ photo
Photo by t-mizo

イラガは、幼虫は毒針毛を持つ毛虫で、成長した幼虫は体長15~20mmほどになります。若齢幼虫は葉の裏などに群生をするのが特徴ですが、成長した幼虫は単独行動をします。また、毒針毛に触れてしまうと、電気のような激しい痛みが生じます。触れないように厳重な注意が必要な食害性害虫です。

イラガがつきやすい植物:桜やウメ、柿の木やカエデなどということから、庭木や公園、街路樹などどこにでも発生する可能性があります

イラガの駆除のポイント:イラガは幼虫のうちに駆除するのが有効ですが、触れると激しい痛みを伴う毒針毛があるため、駆除する際には触れないよう細心の注意が必要です。そのため、肌を露出しないような服装をしましょう。長袖、長ズボンのほか、帽子やゴム手袋などで徹底的な防備をして、絶対に素手で触らないようにしてください。
また、幼虫は駆除した死骸にも毒があるので、処分する際も充分な注意が必要です。

イラガの駆除には気をつけて!幼虫のうちに駆除すべき?イラガの駆除方法と触れた場合の対処法 Garché

触れると電気が走ったような、強烈な痛みを伴う毒針毛を持つイラガ。毒のある蛾として有名なチャドクガとは違い、成虫に毒はありませんが、幼虫である毛虫には注意が必要です。葉の裏や木などに発生するイラガの特徴と種類、効果的な殺虫剤などの駆除方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

野菜や葉が穴だらけ!?コナガの駆除方法

コナガは体長10mm前後、チョウ目スガ科に分類される食害する害虫です。幼虫から成虫にかけて、見た目が大きく変化し、春から秋にかけてと幅広く、霜が降りる季節以外には年間を通して注意をする必要があります。

コナガがつきやすい植物:アブラナ科の野菜を好む害虫です。

春と秋に発生することが多いですが、春と秋以外にアブラナ科の野菜を育てていると、季節を問わず発生します。

コナガの駆除のポイント:もしも万が一、大量発生を確認した場合には、薬剤使用も検討しましょう。
薬剤耐性が強い害虫のため、同じ薬剤を長期間使用し続けることで耐性がついてしまうことがあります。
薬剤としましては、除虫菊を主成分としたパイベニカ乳剤、チョウ類専用の農薬などが効果的です。
コナガの幼虫は、発見しだい捕殺しましょう。また、ミスト状の水を吹きかけることでも、効果が期待できます。

コナガの幼虫、成虫の駆除方法は?コナガが発生する原因は?対策方法までご紹介!

コナガは、キャベツなどアブラナ科の野菜を食害する害虫です。葉が穴だらけになってしまう前に、早めの対策が重要です。幼虫時の捕殺や、成虫になってからの薬剤・農薬など、コナガ発生予防・駆除方法を正しく理解して、大切な作物を害虫の被害から守りましょう。

 

 

 

 

 

大切な植物や野菜、果物を守るために

gardening photo
Photo by Ivan Radic

自然の中で育てている植物と害虫は、切っても切れない関係です。

事前に対策を入念に行っておくことも大切ですが、もし発生してしまった場合に備えて、知識や駆除に合った薬剤などを事前に準備を行っておくのも良いでしょう。

また、害虫によっては人体に害を及ぼすものも存在します。駆除する際は、毛や毒に注意しながら行いましょう。

オススメの書籍

病害虫のきほん

家庭菜園の場で実践できる身近な資材を用いた防除法や、環境に配慮した新しい防除技術の研究開発、総合的生物多様性管理など、これからの農業が歩む道までも視野に入れた本書は、病害虫防除を通してよくわかる農業のきほんとなっています。

図解でよくわかる病害虫のきほん
created by Rinker