春の球根の代表花「アネモネ」はどうやって育てる?アネモネの基本情報から栽培のポイント徹底解説


早春から色とりどりの花が咲き、春の訪れを感じさせてくれるアネモネ。赤、ピンク、青、紫、白などカラフルな花びらがパッと開き、春の庭やベランダを明るく演出してくれます。初心者にも育てやすく、水はけが良く日の当たる場所で肥料を多めに与えれば、何年も楽しめますよ。

アネモネとは?

 

Licensed by Getty Images

 

アネモネの基本情報

早春の風が吹き始めると開花するといわれるアネモネ!
アネモネは、地中海原産のキンポウゲ科・アネモネ属・イチリンソウ属で、冬から春にかけて赤や紫色などの鮮やかな花をつける多年草植物です。和名:ボタンイチゲ、ハナイチゲ、ベニバナオキナグサになります。

 

ヨーロッパではギリシャ神話をはじめ、数々の神話や伝説に登場するお花としても知られていますが、ギリシャ語で「風」を意味する言葉から名づけられ、ギリシャ神話に出てくる美少年アドニスが流した血からこのアネモネが咲いたと言われています。また他にもギリシャ神話で風の神ゼフュロスと恋に堕ちた妖精アネモネに由来するという説もあるようです。

アネモネは、ヨーロッパでは昔から、美しさと儚さからきている花だといわれており、花言葉もそんな由来から表現された言葉が目立っています。

アネモネの花言葉

「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」という過去の片思いを表すことが多いアネモネの花言葉。現在では、愛の言葉を贈るために赤のアネモネの花を贈ることがあります。
春の始まりを表す季節に花を咲かせることから、英語では「WindFlower」風の花ということばもあるそうですよ。

 

■赤いアネモネ…君を愛す
■白いアネモネ…真実・期待・希望
■紫のアネモネ…あなたを信じて待つ

アネモネの特徴

アネモネは高さ20~40cmで花径5cm位の大きなお花です。
花は一重咲きや八重咲きがあり、花色は白・ピンク・赤・紫・青など多彩でカラフルなお花です。

 

草丈は10~15センチ程ですが、中には1mを超す大きいものが生育される場合もあるようです。
色味がはっきり目立つ色なのでガーデニングをより一層華やかに演出してくれます。

アネモネの品種は100種類以上あり、毎年のように新しい品種ができています。
以前はアネモネといえば発色のよい色!というイメージでしたが、最近はパステル系の品種もあり、花のサイズも大輪のものから小輪のものまで豊富に揃うようになってきました。

また、この見た目からは想像できないのですが、「プロトアネモニン」という毒を持ち、茎を切った時に出る汁が肌を伝うと炎症が起こります。花を触るときはゴム手袋をして、むやみやたらに触ることは控えた方が良いかもしれません。

アネモネの品種

■アネモネ・コロナリア
 「花冠」の意味をもつ地中海原産。和名はボタンイチゲと言い、バラエティーに富んだ数の品種があるのが特徴です。

■アネモネ・フルゲンス
 「かがやきのある」という意味を持つ、野生種同士が自然に配合してできた品種。

■アネモネ・ブロンダ
 地中海沿岸原産で、小菊のような愛らしくて小さな花が特徴。

■アネモネ・デカン
 ポピーのような5,6枚の花をつけることが特徴。切花に良く使われているので一番見かける人も多いのではないでしょうか

■アネモネ・セントブリッジ
 細く数の多い花弁が特徴的です。背花が小さいので結構目立つことも。デカンのような花弁が大きい花と一緒に育てると目立って可愛いですよ。

■モナリザ
 大きくて薄い花弁で、八重咲きをするのが特徴的な花。デカンに比べて、花弁の形が優しい雰囲気を醸し出していますので「柔らかい」と表現されることも多いのだとか。

開花時期

秋に植えたアネモネは2月頃から順に花を咲かせていってくれます。5月頃まで花を楽しむことができるので、最盛期は3~4月頃になります。

植え付け・植え替え

アネモネの植え付け期は、秋が深まる10月~12月になります。
基本は球根から育てることが一般的で、10月に植え、種まきは9月頃に行います。

 

気温が高い10月までは、球根は植え付け前に吸水処理をしておくと失敗が減ります。11月以降は、吸水処理をしないで植え付けても大丈夫です。なお、掘りあげて間もない球根は吸水処理の必要はありません。
事前によく耕しておいた土に、15cm間隔で深さは3~5cmを目安に植え付けましょう。降雪地帯では、それよりも深く埋めたほうが安全です。

アネモネの球根の形は、上下がわかりにくい、ユニークな形をしています。デカンやモナークなどの品種は、尖ったほうを下にします。他の形をした品種もあるので、説明書きがある場合は、必ず読んでから上下を確認しましょう。もしわからない場合は、横向きに植えるのも手です。

アネモネの球根は、乾燥したまま植え付けると、急な吸水により球根がひび割れて腐ってしまったり、発芽しないことがあります。それを防ぐために、湿らせたバーミキュライトや清潔な砂に球根を埋めて、冷蔵庫内で1~2週間ほどゆっくりかけて吸水させてから植え付けましょう。
鉢植えの場合の用土は軽く湿らせておき、土が球根の上に1cmほどかかる程度に浅く植えつけます。
庭植えにする場合、植えつけ場所にあらかじめ腐葉土を混ぜて有機質をふやし、有機石灰などを混ぜて、酸度調整をしておきましょう。

オシャレなガーデニングツール 目盛り付きハンドスコップ

 

オシャレなガーデニングツール 目盛り付きハンドスコップ

ガーデニングには欠かせないガーデンツール!!目盛り付きなど実用性はもちろんのこと、お庭に溶け込むオシャレなデザインに!!持ち手のハンドル部分は木製になっており、革紐が付いているので壁などにかけてディスプレイしたり、置いてるだけでもオシャレに演出してくれるスコップです。
ガーデニング好きの方はもちろんのこと、贈り物としても◎

用土

水はけのよいもので、有機物を多く含んだ用土を好み、弱アルカリ性の用土を好みます。酸性を嫌うので、市販の草花用培養土を使用するか、酸性土壌の可能性がある場合は有機石灰などで中和したものや、自分で土をブレンドする場合は、赤玉土5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス(ココピート)2の割合で配合したものに、緩効性化成肥料を混ぜ込んだものを使用しましょう。
用土を中和させる場合は2週間位してから使用するとよいでしょう。
ハイポネックス 培養土 14L

 

ハイポネックス 培養土 14L

鉢植えに最適な培養土です。植えつけ後、根の活着を促し、その後の生育も良くする粒状の肥料マグァンプKを配合しており、そのまますぐに植えつけることができます。

剪定時期

アネモネは球根仲間の間では比較的長く咲いてくれているので、枯れてしまえば苗ごと剪定してしまいましょう。

収穫期

花が咲き終われば種を付けやすいので、葉が黄色程になってきたら、掘り上げてあげましょう。風通しの良いところで乾燥させてあげ、完全に乾いたら綺麗にしてあげると良いですよ。
品種によってはあまり分球しないアネモネもあるので要チェックです。

アネモネに適した環境

 

Licensed by Getty Images

 

置き場所

花つきの株を真冬に手に入れた場合は凍らない場所に置きましょう。
とにかく高温多湿を嫌うアネモネの花は、水はけがよく、日当たりも風通しも良い場所を好みます。冬の冷たさを経験しないと咲かない花なのでしっかりと日光に当ててください。

 

球根を植える深さは、寒冷地では球根の上に7,8cm、東京都付近では約3㎝の土がかかるぐらいでちょうど良いです。あまり深植えすると芽の数も減って、花もあまり咲かなくなってしまうので要注意です。

春夏秋冬のポイント

寒さに強いアネモネは冬を乗り越えて初夏まで咲き誇ってくれます。大輪を咲かせてくれる春には、一重咲きから八分咲きまで、色んな種類の色とりどりの花を咲かせてくれるでしょう。
草丈も切花用から、ガーデニング用まで種類もあるので、毎年楽しませてくれること間違いなしです。

アネモネの育て方

 

Licensed by Getty Images

 

水やり

地植えのアネモネは水やりをたっぷりと与えましょう。芽が出るまでは、ちょくちょくチェックして乾燥が続くようなら水やりを忘れずに。午前中に水やりを行う方が良いかもしれません。

 

鉢植えの場合も、表面が乾けば水やりを行ってください。コンテナの場合は鉢底から流れ出すくらいに水やりを行うと良いでしょう。生育期の時は液体肥料だと追肥が可能になります。

ガーデンジョーロ 4L カカオレッド ジョウロ ロイヤ...

 

ガーデンジョーロ 4L カカオレッド ジョウロ ロイヤルガーデナーズクラブ

カラーバリエーションが7色で持ち運びの際に水が漏れないよう、スライドカバーがついた4Lのジョーロです。ゴミ詰まり防止用のストレーナー付きでジョーロの底面にフックを内蔵しているので、壁などにかけることができます。

 

商品サイズ:W616 D134 H242mm

肥料

アネモネに限らず、植物は水・光・栄養を得ることで元気に成長します。
植物は土の中に根を張り、そこから水分や養分、酸素を摂取します。そのため、植物にとって一番大切なのは「土」ということになります。その土に植物が元気に育つための養分が肥料です。
自然界では落ち葉や枯れた植物、昆虫の死骸などが微生物の働きによって分解され養分になりますが、庭や鉢植えの土では養分が十分でないため、足りない栄養素として肥料が必要となります。

 

鉢植えにおすすめの肥料は、緩効性化成肥料と液体肥料です。液体肥料は、薄めたものを使用します。
緩効性肥料は、徐々に溶けるように加工された肥料です。肥料の表面が樹脂などでコーティングされたもの、錠剤型や球状で成分が溶け出す量をコントロールしているものなどがあります。

地植えの場合は、元肥を用い、あらかじめ土に混ぜておきます。また、アネモネは酸性の土壌を嫌い、弱アルカリ性の土壌を好むため、植えつけの2~3週間前に、苦土石灰で土を中和しておく必要があります。方法は1㎡につき約100gの苦土石灰を入れ、30~40㎝ほど耕しておきます。
牛ふんや腐葉土などの有機質肥料を土の量に対して20%ほど混ぜておきましょう。

※元肥とは植物を植え付けた後、元気に育つようにするためにあらかじめ土と一緒に肥料を混ぜること、混ぜ込む肥料のことです。使い方は土に混ぜて耕すだけですが、市販されている土はほとんどの場合、元肥は含まれているので使い方を詳しく知らなくても問題ありません。

肥料があまりにも少ないと花が咲きませんので、注意が必要です。

花がら摘み

花が咲いてそのまま放置しておくと、そこにいずれ種が出来てしまい、必要以上に球根が疲れてしまいます。来年もしっかり咲かせたいと思うのならば、花弁が散る前に花柄摘みの作業を行って、球根が腐らないように対処した方が良いでしょう。

 

切り方は、土際から茎ごとばっさり切ること。そうすると、2・3番目の花が咲いてきます。

病害

環境の良い場所で生育すれば、ほとんど病害には困りませんが、風通しを良くして過湿にはくれぐれも注意しましょう。悪条件がそろってしまうと、うどんこ病や灰色かび病などの病気に侵されてしまいますので、発見したら即座にエアゾール式の薬剤で撤去しましょう。

球根が腐る理由と腐らないようにするには!

1.植え付けの適期より早過ぎる

 

アネモネは寒さに強く、暑さに弱い草花です。そのため、適期より早い植え付けは、球根を腐らせる原因の1つになります。アネモネの植え付け適期は、10月中旬~11月の終わりくらいです。気温が下がりだしたのが目安となりますので、適期を守って植え付けます。

2.過湿になり過ぎる

仮植えをせずに、そのままアネモネの球根を植え付けた場合や、鉢にアネモネを植えたままにしてしまうと、過湿状態になり、アネモネの球根は腐ってしまいます。
アネモネを丈夫に美しく、長く楽しむには、このポイントは、必ず押さえておきたいところです。
秋は特に長雨になりやすいので、過湿状態にならないよう、十分に気を付けて栽培しましょう。

3.休眠中の球根管理に問題が?

アネモネは花の終わり頃になると葉が黄色くなります。このタイミングで球根は掘りあげて、晩秋に植え付けるまで風通しの良い場所で乾燥させます。
この掘り上げの作業を行わず、植えっぱなしにしてしまうと、アネモネの球根が腐りやすくなってしまいます。ただし、掘り上げずに管理する方法もあります。この方法の場合は、鉢に植えたまま風通しの良い場所に移すのですが、雨の当たる場所だと、2の項目にて記載した通り、過湿になりやすくなるので、出来ることならば、5月下旬~6月の上旬頃までに1度球根を掘り上げ、風通しの良い場所で管理するのが理想です。

掘り上げのポイント!

掘り上げる時期は6月頃からで、晴れが続いて土が乾燥している日に行います。
葉が半分以上枯れてきたら、完全に枯れる前に掘り上げます。
まだ枯れないうちに掘り上げると、球根に栄養を蓄えている途中なので、栄養が少ない球根になってしまいます。球根を堀り上げたら、茎は付け根より少し上で切ります。
アネモネの汁には触れないように気をつけてください(ゴム手袋などの使用をおススメします)
皮膚炎などを起こしてしま場合もありますのでご注意ください。
掘り上げた球根は、子球を指でもぎ取り、ネットなど通気性が良いものに入れて陰干しした後、冷暗所で保管してください。

室内栽培のポイント

冷たい空気にしっかり触れないとお花が咲きません。5度位の低温に一か月以上当てるようにしましょう。最低気温5〜10℃で最もよく育ちます。5℃下回ると次の花が咲きません。春に暖かくなると咲き始めますが、日本ではすぐ気温が上がり休眠状態となります。つまり、本来よりも短い期間で開花、生育が終わってしまいす。室内では生育適温の10〜15℃を保つ場所に置き、一つ一つの花がゆっくり大きく、小さな蕾まで咲かせることができるため、長い期間、次々と咲く花を楽しめます。室内には秋が深まる晩秋の頃か冬になってからいれましょう。
おしゃれ 素焼き ジャンクポット浅/P 2L (Re/...

 

おしゃれ 素焼き ジャンクポット浅/P 2L (Re/Gy)< 24cm 8号 穴あり 受け皿付

室内やお庭・オフィスなどお気に入りの植物との癒しの空間を、個性的でおしゃれな植木鉢で彩ってみてはいかがでしょうか?可愛く大きい花を咲かせるアネモネには個性的な植木鉢よりもシンプルなデザインの方が合わせやすいです。また、植木鉢はプレゼントとして贈った方のそばに、そして見える位置に置いてもらえることが多いですよ!

アネモネの魅力

 

Licensed by Getty Images

 

ここ数年、ウエディングブーケの花材として人気のアネモネ!!アネモネのブーケを持ちたいという気持ちから春に結婚式を挙げたい!という方々もいるくらいです。
ナチュラル花材で人気のユーカリやブルーファンタジアとも相性抜群で、今ではナチュラルテイストには欠かせないお花のひとつになっています。

 

見た目も豪華絢爛で美しい上に、比較的育てやすいアネモネ。
早春の花壇や鉢植えを彩るアネモネには個性的な品種がたくさんあります。
たくさんの品種の中から自由に選ぶことができるのも、まさにアネモネの大きな魅力!
また、大きく開花したアネモネの姿も魅力的ですが、これから花開こうとしている蕾の姿にも美しさがあります。
ガーデニング初心者の方も、2月~5月頃まで立派に咲いてくれるアネモネから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。