スリット鉢とは?黒や白などおしゃれなスリット鉢の使い方やメリットをご紹介


植物を育てるうえで欠かせない園芸用品は、ずばり植木鉢。サイズや材質などざまざまなタイプの商品がありますが、その中でもおすすめなのが「スリット鉢」です。バラなどの花や家庭菜園、観葉植物など、植物の栽培には根の成長がとても大切です。今回は、根の成長にとって優れもののスリット鉢の効果や、おすすめの商品をご紹介します。

根の成長を助けるスリット鉢とは?

 

 

「スリット鉢」とはプラスチック製の植木鉢で、なおかつ底の部分にスリットが入っている製品のことを言います。

 

水はけがよく根が元気に育つので、初心者から上級者まで多くのガーデニング愛好者におすすめできる植木鉢です。
プラスチック製なので本体がとても軽く、またほとんどの商品が安価で手に入るのも魅力です。

スリット鉢のメリット

 

 

水はけが良い

鉢底に切れ込みが入っているので、一般的な植木鉢よりも水はけがよく、根腐れしにくいのが特徴です。
切れ込みから余分な水分が出ていくかわりに、根の生育に必要な酸素を多く取り込むので、植物が元気に育ってくれます。

 

切れ込みから土がこぼれ落ちそうですが、植えるときに土に水を含ませながら詰めれば大丈夫です。
ただ、水をあげる際に勢いが良すぎると土が流れ出てしまうことがあるので、優しく水やりをしてくださいね。
心配なら受け皿をしておくことをおすすめしますが、受け皿にたまった水は放置すると根腐れの原因になるので、こまめに捨てましょう。

サークリング現象防止

サークリング現象(サークル現象)とは、植木鉢の中で根がぐるぐるととぐろを巻きながら伸びる現象です。水分や栄養の吸収力が落ち、根が弱っていってしまいます。

 

一般的な植木鉢だとサークリング現象が起こりやすいですが、水はけがよく酸素がたっぷり入ってくる構造のスリット鉢は、サークリング現象が起こりにくいです。

根が元気に育てば、葉や花も連動して元気になりますし、実がつく植物の場合は大きくて健康な実に育ちます。

おすすめのスリット鉢3選

カーブしたスリットに光るデザイン性

大和プラスチック 根はり鉢 6号 ダークグリーン

 

大和プラスチック 根はり鉢 6号 ダークグリーン

6号サイズのスリット鉢です。
画像はダークグリーンですが、ネイビーとホワイトも販売されています。

 

プラスチック製なので無機質になりがちですが、スリットがカーブしているデザインなので、さりげなくおしゃれで可愛いですね。

スクエア型がスタイリッシュでモードな雰囲気に

のびのび育つ 『 スリット鉢 スクエア 』 8号角型

 

のびのび育つ 『 スリット鉢 スクエア 』 8号角型

スタイリッシュなスクエア型のスリット鉢です。
丸型とは違った雰囲気があるので、モダンな外壁やインテリアにもマッチしそうですね。

根が長く伸びる植物におすすめのロングサイズ

兼弥スリット鉢 ロングサイズ 24cm 8号 モスグリーン

 

兼弥スリット鉢 ロングサイズ 24cm 8号 モスグリーン

8号サイズのスリット鉢です。
縦が27.5cmと長いので、根が長く伸びるタイプの植物に適しています。

 

大きめですが素材はやはりプラスチック。
軽くて扱いやすいですよ。

スリット鉢で元気な植物を育てよう!

 

 

スリットが入っているか否かの違いだけで、植物の育成を大きく左右するとは驚きですね。

 

スリット鉢は、「軽い・安い・使いやすい」と三拍子そろった便利なアイテム。
さらに育てる植物の種類を選ばず、花や野菜、果樹や観葉植物などあらゆる植物に使用できます。

園芸店でもネットでも手に入りやすいので、ぜひ使用してみてくださいね。