切り花を長持ちさせる方法とは?切り花が長持ちする切り花延命剤をご紹介


花や緑をインテリアに取り入れると、それだけで室内が華やぎますよね。生花はみずみずしさが魅力ですが、ただ花瓶に入れておくだけではすぐに枯れてしまいます。今回は水に入れるだけで切花が長持ちする「切り花延命剤」をご紹介します。是非使ってみてください。

切花を長持ちさせる方法

 

 

茎を斜めに切る

買ってきたお花は、切ってから時間が経っているため、切断面がぬるぬるしていることがあります。
茎を斜めにカットしてあげると、表面積が大きくなって水を吸いやすくなり、花が生き生きとした状態になります。
カットするときは空気が入らないよう水中でやるとより効果的です。

菌を抑える効果のあるものを花瓶に入れる

10円玉やキッチンハイターを入れるとよいという話を聞いたことはありませんか?
これは雑菌の繁殖によって切花が腐敗しやすくなってしまうため、菌を抑制してくれるものを入れると良いとされているからです。

切り花延命剤を使う

切り花延命剤は、お花屋さんで花束を購入すると貰えることもあるので、目にしたことがある人も多いかもしれません。
切り花延命剤には糖分が入っているため、花に養分を与えてくれます。
また、先に挙げた菌を抑制してくれる効果もあります。
花瓶の水に入れるだけで元気な状態をキープすることができるので、手軽で便利な商品です。

おすすめの「切り花延命剤」

50倍希釈でたっぷり使える延命剤

クリザール 切花用フラワーフード 青(1L)

 

クリザール 切花用フラワーフード 青(1L)

50倍に薄めて使用する希釈タイプの液体延命剤です。
たっぷり1L入っている大容量タイプなので、日常的に花を活けている方や、仏壇に花を飾っている方などに人気があります。
生花が長持ちするだけでなく、水を清潔に保つため、花器の劣化も防いでくれます。

保存が効く粉末タイプの延命剤

クリザール フラワーフード 粉末(5g*5コパック)

 

クリザール フラワーフード 粉末(5g*5コパック)

水に溶かして使う粉末タイプの延命剤です。
生花に栄養を行き渡らせ、水の清潔も保ってくれます。
5gずつ小袋に入っていて長く使えるため、切花はたまにしか置かないという方におすすめです。

葉に光沢と水分を与えてくれるスプレー

[クリザール・ジャパン]リーフシャイン エアゾール 2...

 

[クリザール・ジャパン]リーフシャイン エアゾール 250ml

観葉植物などの葉に直接サッと噴きかけるだけで自然な光沢を与えてくれるスプレーです。
また、葉の汚れを取りホコリの付着から守ってくれます。
水分蒸散を抑え、水やりの回数を減らすこともできます。

菌の発生を抑えてくれる希釈タイプの延命剤

レインボー薬品 切り花延命剤 480ml

 

レインボー薬品 切り花延命剤 480ml

バクテリアやカビなどの菌の発生を抑え、生け水をキレイな状態に保つ植物延命剤です。
切花を美しく保つ栄養成分が入っているため、こまめに水を変えれば、生花をより長持ちさせることができます。
本剤3mlに対して水100mlで薄めて使う希釈タイプで、たっぷり使えます。

トレハロース配合の活力剤

住友化学園芸 切花延命剤 花工場 切花ロングライフ液 ...

 

住友化学園芸 切花延命剤 花工場 切花ロングライフ液 480ml

トレハロースを配合したカビや菌に強い切花活力剤です。
切花の開花に必要な養分が配合されているため、水の吸い上げがよく、切花が生き生きとした状態で長持ちします。
水が減った場合でも水を足すだけで良いので手軽に使えます。

延命剤を使って切花を長く楽しみましょう!

 

 

 

Licensed by Getty Images

 

切花を長持ちさせるには、斜めにカットして水揚げをよくしてから、切り花延命剤などを使って菌を防ぎ栄養を補給してあげることが大切です。
また、蕾の状態で切り花延命剤を使えば、蕾から開花までの過程も見ることができるかもしれません。

 

花を日常に取り入れれば、室内も明るく華やぎます。
切り花延命剤を使って美しい状態をキープして、切花をできるだけ長く楽しみましょう!