人気の多肉植物を植えるのに必要な培養土ってどんなものがあるの?


最近人気のぷっくりとした可愛らしい多肉植物。こちらではそんな多肉植物を植えるのに必要な培養土をご紹介します。置き場所や育てる環境によって適した培養土があります。ぜひ、販売ページも一緒にご確認の上、ご自身の多肉植物に合った培養土を選んであげてくださいね。

多肉植物は植え替えが必要なのか

 (5068)

最近人気の多肉植物ですが、適した培養土があることや、年に数回植え替えをしなくてはいけないのをご存知でしょうか?
植え替えをしないまま放っておくと、土の栄養がなくなり成長を妨げます。
また、根詰まりを起こしてしまったり、水はけが悪くなり根腐れを起こしてしまったりする場合もあります。

今回は、そのようにならない為にも、多肉植物におすすめの培養土をご紹介します。
是非、ご自身の育てている環境に合った培養土を選んでくださいね。

多肉植物を植えるのにおすすめな培養土

サボテンにも使える培養土

サボテン・多肉植物の培養土 約10L

サボテン・多肉植物の培養土 約10L

「サボテン・多肉植物の培養土」は多孔質の培養土で、保水性、排水性に優れているため空気の通りが良く、根腐れの心配がありません。
焼成土が配合されているので、清潔で室内での使用にも最適です。
木炭が配合されていることにより、病虫害への抵抗力も強くなります。

販売ページには植え替えの際のアドバイスなどが書かれていますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

特殊給水加工されたヤシの繊維を使用

ベラボン プレミアム(5L)

ベラボン プレミアム(5L)

「ベラボン・プレミアム」は特殊給水加工されたヤシの繊維が使われていて、通気性、保水性、排水性、保温性、清潔性に優れています。
手が汚れにくく、使い終わった後は燃えるごみとして処分することが出来ます。

多肉植物は勿論ですが、洋ランや花の寄せ植えにも使用することが可能です。
マンションのベランダや室内栽培にも適しています。

また、こちらの培養土には肥料分が含まれていませんので、必要な際は別途肥料を与えてあげてください。

初心者の方にも使いやすい培養土

瀬戸ヶ原花苑 サボテン・多肉植物専用培養土 5L

瀬戸ヶ原花苑 サボテン・多肉植物専用培養土 5L

「瀬戸ヶ原花苑 サボテン・多肉植物専用培養土」は清潔な軽石が使用されていて、通気性と排水性に優れているので多肉植物やサボテンの栽培に適しています。
PH、EC調整済みなのでそのまま簡単に使用することが出来、初心者の方でも使いやすいのではないでしょうか。

ミネラルがたっぷり含まれたゼオライトが根腐れを防止し、水をきれいに保つことが出来ます。
緩効性肥料入りなので、元気な多肉植物やサボテンが育ちます。

非常に軽量で運びやすい

ベラボン サキュレント 1L

ベラボン サキュレント 1L

特殊給水加工されたヤシ繊維を使った「ベラボン・サキュレント」は非常に軽量で市販の培養土の3分の1という重さです。
土ではありませんので、使い終わった後は可燃ごみとして処分することが出来ます。
清潔で手も汚れないので、使いやすいです。

水を吸うことでチップが膨張する為、植えた苗が崩れる心配がありません。
通気性、保水性、排水性、保温性などにも優れていますので、多肉植物を育てる上では最適なのではないでしょうか。

固まる土の「ネルトン」が付属でついてくる!

多肉植物寄せ植えの土 5L

多肉植物寄せ植えの土 5L

「花ごころ 多肉植物寄せ植えの土」は多肉植物を固定しやすく植えやすい配合の土です。
暑さにも強く排水性にも優れているので、多肉植物を育てるのにおすすめの土と言えるのはないでしょうか。

固まる土の「ネルトン」も付属で付いてきますので、植え込み後の苗をしっかり固定することが出来ます。

ご自身の育てるものに合った培養土を

 (5069)

ご自身の育てている、もしくはこれから育てる多肉植物に合った培養土は見つかりましたか?
販売ページには口コミもありますので、是非そちらもチェックしたうえで購入してみてはいかがでしょうか。